基本を解説!カラコン レポ

基礎知識を知ろう!カラコン レポ

基礎知識を知ろう!カラコン レポ カラコンとはカラーコンタクトの略で、通常のコンタクトレンズに色がついているものです。視力の矯正効果を有したコンタクトレンズに色がついているものと、視力矯正効果を持っていないコンタクトレンズに色がついているものがあります。後者は、ファッションを目的に用いられる事が多くなります。視力の矯正効果のないコンタクトレンズの場合には、医療用装具の対象にこれまではなっていませんでしたが、目へのトラブルが続出したこともあり、視力矯正効果のないものであっても、医療器具に指定されることになります。重要なのは、視力矯正効果の無いカラーコンタクトであっても、自分の目の中に入れて使用するものであるので、衛生管理などの手入れを適切に行う必要があります。安易におしゃれ感覚でカラーコンタクトを使用上の注意を守らずに使用すると、角膜に炎症が生じたり、視力の低下が起きることもあります。

カラコンは色のついていないコンタクトレンズに比べて、厚みがあるために目に大きな負担がかかります。メーカーごとの詳しい装着感などは使用者のレポを見るとわかりやすいでしょう。レポを見て合ったものを購入しても、長時間の使用は目に負担をかけてしまうことになります。カラコンを付けたままの就寝は控えるようにしましょう。カラコンは洗浄液が通常のコンタクトとは異なっているので、通常のコンタクト用の洗浄液でカラコンの洗浄を行うと、衛生的に問題が生じてしまうことがあります。

カラコンの装着によって、アレルギーが出てしまうことがあります。初めてカラコンを使う場合には、あらかじめ医師と損談して安全性の確認をすると良いでしょう。カラコンは装着品であるので、他の人と共用で使うことは避けましょう。目のトラブルの原因となります。カラコンには使用期限がありますので、お気に入りだからと言って使用期限を厳守しての使用がお勧めとなります。

カラコンの材質にはイオン性と非イオン性があります。イオン性は通気性が良く目のトラブルが起きにくくなります。一方で花粉を吸着しやすいので、アレルギーの原因となってしまうこともあります。非イオン性は通気性が悪いので、目に負担が係るのですが、汚れが付きにくいので、長期にわたってカラコンを使うことが可能です。またカラコンの含水率を選択することも可能となります。多くの水分を含んだカラコンは目への負担を減らしてくれますが、使用期限が短くなります。一方で水分をそれほど含まないカラコンは使用期限を長くすることが可能です。しかしながら、ドライアイになりやすくなります。実際に使った方のレポなどを参考に、自分の用途に合わせたカラコン選びが必要になります。

カラコンの色の付け方にはリングタイプとカラータイプがあります。カラータイプはカラコン全体に色がついていますが、リングタイプはエッジの部分だけ色がついています。カラータイプは大きなイメージチェンジ、リングタイプは自分のイメージにアクセントをつけたいときに装着すると有効となります。当サイトでははじめてカラコンを利用する方のためにカラコン レポをまとめています。このレポが購入時の参考になれば幸いです。

最新記事